WindowsPC購入時の推奨スペックについて

購入パソコンについて、お読みください。

注意事項:
家電店でパソコンを購入されるときは注意してください! 家電店のパソコンには初期インストール型アプリ数が多く、トラブルを誘発する場合が多いです。また家電店は Windows Home バージョンが売られていることが多く、院内で業務用として使うには何かとトラブルが多いものです。レセコン用として使うパソコンは、無駄なアプリが何もインストールされてないPCが安心でおススメです。中古パソコンも同様にOSが初期化クリーンアップされているものを選ばれて下さい。

WindowsPCを購入される場合の、推奨スペックについて  PDF印刷 → [PDFをダウンロード]

購入パソコン 検索サイト

※パソコンはDELL社(即納モデル)PCが購入~到着まで手軽で早いです。
OS種別は「Windows10 Pro」 をお選びください。
SSD モデル を選ぶと、レセコン使うときに快速・快適です。
電子レセプトCDを作るのに、CD-RWドライブ等・DVDマルチ等が必要。

これらに気を付けて、DELLパソコン検索の下記URLをご利用下さい。

※デスクトップ検索 URL
https://www.dell.com/ja-jp/work/shop/scc/sc/desktops?~ck=mn

※ノートタイプ検索 URL
https://www.dell.com/ja-jp/work/shop/scc/sc/laptops?~ck=mn

購入パソコン 必須スペック条件など

OS:
Windows7もしくはWin10いずれもPro版(64bit)バージョンのみ ※homeバージョンは対象外

CPU:
i5 以上

メモリ:
8ギガバイトを推奨(最低4ギガ バイト以上が必要です。)

WiFi搭載(必須):
ST版LAN版に関わらず、WiFiが搭載されてること、LAN版ではさらにLANコネクタ端子を必須とします。
WiFiが必要な理由は、Windows10ライセンス認証のテクノロジーにおいてPC初期設定作業の際に使います。

ハードディスク:
SSD 250~500ギガバイト以上を推奨
※ HDDでも問題ありません。SSDは動作速度が速く地震や衝撃にも強くて優秀です。ただし、寿命および故障率はどちらも似たようなものです。

ディスプレイ解像度:
横1024以上x縦728以上のもので、ノートPCならHD解像度(1366×768、1280×720)以上であること。
解像度が大きくなるほど、ディスプレイのインチは大きなものを推奨します。
理由は、1ドットピッチが大きなものを選ばないとレセコン画面は小さく見難くなります。
※ Windows10の場合は、OS側でスケーリング拡大ができるので、アンチエイリアス効果(ボケ)はありますが、画面を大きく引き伸ばして、拡大表示ができます。

UPS無停電電源:
ネット家電品の相場で、15,000円前後です。

バックアップ用外付けHDD:
500G~1テラバイト、万が一の本体HDD故障時に備えて2次バックアップ用として利用
※ ポータブルHDDタイプUSB給電式「USBバスパワー式」は長時間毎日の使用で使った場合に、ときどき、ハードディスクが認識されない等の不具合が起きて、それが原因でフリーズするトラブルを招く事があります。ACコンセント外部電源式の外付けHDDは、ポータブルより安定し優秀ですが、電源回り、と停電時の対策が必須となります。

ウィルスセキュリティー:
Windows7、10以降にはOS標準でウィルススキャンおよび駆除機能が提供されています。Windows標準のウィルスセキュリティーは安全で、レセコンの使用上でも問題はありませんが、他社製のウィルススキャンはトラブルが多いです。他社製「ウィルスバスター・ノートン・マカフィー」等をインストールすると、レセコンは強制的に動作停止させられて強制ロックされ動かなくなり時折フリーズします。正常に動くようにするには、他社製ウィルススキャンの製造元へお問い合わせいただき、レセコンがフル動作できるように認証と許可をして頂く必要があります。この認証や登録はとても難しくPCに詳しくない方は、Windows標準のウィルスセキュリティーをお使いいただくほうが安全です。

※ 認証、許可が必要なもの
(DentalHeartフォルダ内のプログラム全部の実行アクセス権+フルアクセス権と、C:\Windows\System32\cscript.exeの実行アクセス権と、接続ドライブ上にあるKarte_Backupフォルダのフルアクセス権となります。)

注意!! ディスプレイ切替器キーマウス切替器はトラブルが多いです!:
ディスプレイ切替器の拡張型で、キーボードとマウスも一緒に切替器する商品がありますが、フリーズ現象やトラブルリスクが多く危険ですので、使わない事をオススメします。また、切替器が故障するとパソコンも道連れに2台とも壊します。さらに、それが○端子で紫と緑色PS/2型の切替器であれば、危険度100%です。なぜならPS/2は、そもそもPC電源が通電し起動している間は、抜き差しNGで出来ない端子であり、例えるならグラフィックGPU基盤を、PC電源が入っている状態で抜き差しするのと同じです。パソコン自体も壊しかねないほど危険です。それを、ディスプレイ切替器で毎日切替ながら使うということは、切替器が劣化等で少し調子悪くなっただけでパソコンは道連れ的にフリーズします。

これらの理由より、トラブルの元になる切替器は使用しない事を推奨します。

このサイトについて

歯科用 電子カルテレセプト・システム カルテット

平日の定休日(日祝祭以外の定休日)

PAGE TOP