faq005.特記事項の記載、26区ア~30区オおよび早見表

平成30年8月1日より、高齢者の高額療養制度が見直され所得区分の細分化が行われました。

※ 平成30年8月調べ、[参考PDF] 経過措置により11月診療分(12月請求分)からは返戻扱いとなります。
70歳以上の高齢者患者に対しても特記事項が必要となります。従来までは特記事項がなかったため、9月末バージョンアップにて、70歳以上の患者様の頭書きに対して、所得区分が「高所得ア~ウ、一般、低所得」に紐づけするような形で、特記事項「26区ア、27区イ、28区ウ、29区エ、30区オ」を自動追加補完を行うプログラムをご提供いたします。

 開く → [PDFをダウンロード]  開く → [ミニ版 ミニマニュアル]
 開く → [ターミナル実行ツール ※No.005をご利用下さい。9月バージョンアップに含まれます。]
高齢者の場合「70歳以上」は、下の早見表を参考にされて下さい。


早見表のレセプト特記事項の記載、および所得区分の設定が必要です。
※ 所定の月限度額を超える超えないに関わらず特記事項の記載は必要となります。
※ この早見表は一般的な例での特記事項の番号となります。例外が多種ありますので番号に関しては支払基金または国保連合会へ患者がお持ちの証明書類に説明の上で該当する番号を確認されて下さい。
▷ 設定は下記の通りです。

 1.頭書きで、該当する所得区分を選びます。

 2.※9月末バージョンアップで入力不要になります。v6.0.800以降は不要 → チェックシート画面に切り替えて、特記事項の入力場所に番号2桁を入力します。

高齢者の設定は以上となります。



69歳以下の場合は上の早見表を参考にされて下さい。

ただし、患者様より限度額適用認定証の提示があった場合のみ設定を行います。
※ 所定の月限度額を超える超えないに関わらず特記事項の番号入力は必要となります。
▷ 設定は下記の通りです。

 1.チェックシート画面で、まず高額療養費の枠内にあるポップアップで「高額療養費」を選びます。

 2.○で囲んだそれぞれの場所に、早見表の内容を登録します。

このサイトについて

歯科用 電子カルテレセプト・システム カルテット

平日の定休日(日祝祭以外の定休日)

PAGE TOP