faq014.オンライン資格確認について

オンライン資格確認について

サンプル資格確認データURL (http://dental-heart.b.la9.jp/files/OQS_sample.exe

オンライン資格確認のシステム導入は、専門業者へご依頼ください

オンライン資格確認システム(カードリーダおよび専用端末)、ルータおよび契約回線について相談など、オンライン資格確認の導入に関しては、各地域の専門業者へご依頼いただき、導入の検討をお願いいたします。
弊社はこれらの機器サポートは致しません。相談等も一切応じかねます。
オン資認システムは、公開されている資料が膨大なことや、書かれる内容も専門的で複雑に説明されているために理解し難いシステムといえます。

オンライン資格確認の構成要点

弊社では、可能な限りの医院様のお手伝いとしまして、理解を深めるためにオンライン資格確認システムを簡略化した構成図を使ってみます。
 
これは、実際の運用を示すものでなくて、あくまでも単純化した像です。
この構成 で動かしたとすれば、ほとんどの先生は「オン資認PC」⇔「レセコン」が共有フォルダを用いて、カードリーダ資格結果の保険証データをやり取りする流れを、想像するに容易いと思います。

実運用するための構成例

しかし このままでは、セキュリティが万全でないため、厚生省プランの通り「オン資認PC」⇔「レセコン」を遮断切り離して、双方を一切通信できないように壁を立てて遮断する、先図の構成をもっと難しく組み換えて複雑にすれば、安全性が確保できるわけです。もちろんこれらは専門業者へ委託されて設置や工事されると思いますので、医院様にあまり関係ないところなのですが、要点としては「切り離し遮断」すれば、「オン資認PC」⇔「レセコン」が通信できず、保険証データの受け渡しが不可なる。それでは困り、そこで「レセコン」⇒⇒「オン資認PC」通信方向のみ許可をする。という特殊なルータ設定を行うことになり、このあたりが解り難さ。


いくつもの構成例があります、施工業者とよくご相談の上、医院様に合うプラン導入をお探しください。

このサイトについて

歯科用 電子カルテレセプト・システム カルテット

平日の定休日(日祝祭以外の定休日)

PAGE TOP